しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

婚活の流儀

絶賛、婚活中である。

数年前に彼女にフラれてからモリモリ婚活中である。

 

フラれてしばらくはゲロ吐くほどの悲しさに押し潰されて身動きが取れない状態だったが

これではあかん、20代という輝かしい時期が灰色に染まってしまうぞと思い立ち、婚活に注力し始めた経緯だ。

 

そんで、タップルやらペアーズやら手当たり次第に始めたわけですよ。

まあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いるわいるわ女性がもうてんこ盛りにおりますわ。

この星の数ほどの女性の中に生涯を共にする伴侶がおるのだな?よ〜〜〜し!と、もうメッセしまくりの食事行きまくりの奢りまくりの財布軽くなりまくりでした。

 

 

 

まあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜彼女できませんでしたね。

できないもんだね〜〜〜〜〜!!!!

 

理由はわかってる。

私が前がかりに行きすぎた。

会ったその日に結婚しようとしてた。

 

わたくし顔面に自信ニキなのですぐ出来るだろうと調子乗ってた。

客観的に見たらアラサーの小さいおじさんでした。参ったねこりゃ。

 

そんなおじさんが初対面に関わらず結婚願望剥き出しのクラウチングスタートで来られたらそりゃ聡明な女性方は去っていく。

 

そもそもアプリは競争の世界。私のようなひたすら顔面が整ってるだけの弱者男性には向いちゃ〜いないわけです。

 

なので婚活の仕方を変えました。

アプリをやめて、結婚することを諦めて、全てを天命に任す形の婚活を始めました。

 

街角でぶつかるなり

坂に転がってきたオレンジを拾ったり

と、運命的な出会いをとにかく待つスタイルにしてます。

 

なのでもし、小さいおじさんが坂の下でオレンジ転がり待ちをしてたらおそらく僕です。

男性の方はそっとしといてください。

女性の方は手頃なオレンジを山盛り買って坂をかけあがってください。

 

よろしくお願いします。

火鍋のラーメン

f:id:syudondon:20220713212803j:image

友人に誘われ火鍋のラーメンを食べた。

場所は五反田、気温は灼熱。

 

こんなクソ暑いのに、辛いものを食べたい。

唐辛子でほっぺたをいじめてほしい。

普段汗をかかないような選択を選ぶ大人になったからこそ、あえて汗をしこたまかくような休日を過ごしたい。

 

そういう気持ちは突如、27歳くらいから現れる。

 

俺はもう今年29になるわけだからこういった感情はもう顔見知りだ。

どのくらい顔見知りかというと、高校一年の時に同じクラスだったやつが2年に上がって別のクラスになったけど、たまに選択授業で一緒になるくらいの顔見知り具合。

 

あの感情ってなんなんだろうな。

俺はこういう、他人じゃないけど友人じゃない人がたくさんいる人生を送っている。

 

火鍋ラーメンを一緒に行った友人は、完膚なきまでに友人なので助かった。

ほんと助かった。

 

火鍋ラーメンは美味しかったし、激辛まで選べたけど中辛にしたからお口的にはギリギリセーフで、辛いもん食べたい欲とうめーもん食べたい欲が満ちたから、これまたよかった。

友人と「中辛を選んだ我々は、いかに聡明か」という話を5時間で8回くらいしたと思う。

 

とはいえ、おしり的にはギリアウトだったらしく

翌日までおしりの大事なところの円周をスパイク履いた高校球児がしばらくマラソンしてた。

碑文谷坂本のお弁当

目黒区の碑文谷坂本のお弁当を買いにいった。

夜は予約1組しかいれないらしい。

すげー。趣味でやってんのかな?

 

f:id:syudondon:20211028190057j:image

 

おいおいおいおい

反則だろこれは。

牛ごはん弁当。

580円でした。

趣味で料理提供してるの、決定じゃん。利益取れてる?大丈夫?

 

味のことなんてもう言わなくていいよな。

肉がやわらかくてうまい。以上。

玉ねぎ醤油の味付けもパーペキですわ。

 

優しい人がやってるお店に違いない。

ありがとう。

中華料理とき 武蔵小山

 

今日からこのブログはグルメブログとする。

あれは美味かったなぁ〜と振り返る日記として、生まれ変わるのだ。

 

たいして店の情報とかを詳しく載せることもない。一般的な独身男性が飯を食べたという結果がそこにあるのみだ。心してかかってきてほしい。

 

武蔵小山にある中華料理ときにいった。

 

前日飲んでて二日酔いのため、朝起きた時は

もう2度と酒など飲まん。この世からアルコールを撤廃しろ。と思っていたが13時すぎたくらいから

中華料理で瓶ビールを飲んで良い休日にしたいンゴねぇ。。という気持ちがむくむくと膨れ上がり、容易に前言撤回した。

肝臓くん、休日出勤となって申し訳ないがひとつよろしく頼むよ。と声かけしたのち

テッッッッックテク歩いてかねてから行きたい中華屋さんNo. 1に君臨していた中華料理ときにいった。

 

f:id:syudondon:20211016180553j:image

 

優勝である。

海老のうま煮定食という名の天竺がそこにあった。

あまりの美味しそうさに天を仰いだ。

感謝、愛、うま煮定食、これらが揃った時に信仰が産まれる。

 

f:id:syudondon:20211016184302j:image

 

実食したところ、想像を遥かに超えて美味しくて泣きそうになった。どこでも食べたことのない新しい美味さだ、これは。

このために僕は日々徳を積んでいるんですね。

今後も奨学金を返済するなどの徳を積んでいきます。

 

エビがゴロゴロ入ってる、かつ、そのエビがでっかい。たまんないね、これは。

あと野菜がたくさん入ってるのもアラサーの身としては助かる。

もやしとかじゃなくて

ブロッコリーとか、タケノコとか、こう身体にダイレクトに栄養を与えてくれそうでかつ絶対に餡掛けの中に入ってくれてたら嬉しいオールスターが揃っている気がする。

 

ビールもお米も進むぜ。

果てしなくボリュームがあるので永遠に多幸感が続く。

終わりのないメリーゴーラウンドだ、これは。

あの頃の無邪気な自分に戻って、エビのうま煮を屈託のない瞳で捉えながら貪り食べた。

 

店は常連さんが楽しそうに会話してた。

僕は元来、僕以外の人達が仲良くしているところを見ると発狂しながら暴れ回るタイプなのだが

みなさん、多幸感に包まれている為か昔の映画の良さとかあまりにも平和な話をしていて和んだ。

心地良いBGMとして、ことさら食事が美味しく感じれた。

 

瓶ビール含めて会計は1400円。

あまりにも安すぎる。

 

ニッコニコで退店したすぐ後に2日前に徒歩40分くらいの駅の駐輪場に自転車を置きっぱなしだったことを思い出し、即座に絶望した。

おいしいものを食べてなかったらふて寝していたと思う。

 

ちなみにこのブログも自転車を取りに行く道中暇すぎて書いている。

 

しかし、おかげさまでグルメブロガーに華麗に転身を果たせた。

グルメブロガーの頂点と名高いフォーリンデブ はっしー氏の右腕に登り詰めるまでグルメブログを書き続けていこうと思う。デブリシャス。

カスの収納

寝れないから愚痴を書きます。

 

結構前に

リサイクルショップで棚を2つ購入した。

2つ合わせて400円だった。子供の落書きと思しきものが書き殴られてある。

 

まあ、別にそれはいい。それはいいんだよ。

 

問題はマジで奥行きがないのよ。

ここ最近、「部屋をきれいに保とう、それが人間としての第一歩だ。」と妖怪人間よろしく、27にして人間らしい部屋にすべく掃除を奮闘してるとふと気づいた。

 

この棚、何も入んねえ。

いままで部屋全体が汚い状態だったので、棚から物がはみ出してようが全く気にしていなかったが、この棚、奥行き5センチくらいしかない。

誇張無しで5センチもマジでないと思う。

漫画はギリ行けるけど、ハードカバーの本がはみ出しちゃってる。

何を置く用の棚なんだよこれ。

 

こんなの人間がする収納じゃない。バカすぎる。

いいとこ、チンパンジーが使う棚だ。バナナを置く用の。

バナナも横にしないとはみ出るわ。なんだこれ。

 

なんでこの棚、2つもあるんだよ。いやすぎる。

俺の部屋。1Kで10平米くらいしかないんだぞ。

なんでこの棚、2つあるんだ。邪魔すぎる。

何も置けない棚に俺の貴重な1.5平米が吸い取られている。

 

よく見たら物置くところのビスが取れてて、斜めになってるし。

いよいよ漫画も置けないよ。

なにこれ、オブジェ?空間殺しているだけなんですけど。

空間殺す用の家具って何?

 

そんなわけでカス棚のせいで俺はいまひとつ人間になり切れてない生活を過ごしている。

悔しいが、仕方ない。

「捨てればいいじゃん:と、思うかもしれないが

人間の知恵がなければ粗大ごみを出す方法が分からないからだ。

粗大ごみを出す方法はマジで人の英知の結晶だから、半分チンパンジーの俺にはわからない。

チンパンジーを脱するには棚を捨てなければいけないが、チンパンジーなので棚を捨てられない。

迷宮入りだ。

 

そんなわけで俺はウホウホ言いながら

カスの棚に爪切りなどを置くしかできないのだ。

だれか助けてください。

 

0116日記

これまた読みづらい日記です。

 

本日は死にそうな思いをしながら寝床からゆっっっくり腰を上げて

謎の仕事を永遠にしていました。

 

知らない人に

良いのかどうかよくわからんものを紹介してお金を貰うという単純な仕事。

 

営業という仕事はカスみたいな仕事。

そもそもいいプロダクトは営業なんて必要ない。

 

対して良くもないものにしか営業という役割は存在しない。

 

でも僕は一生懸命している、生きるために必要だし。死にたくはないし。

クソみたいな仕事だなーと思いながら一生懸命している。

 

ほめてもらいたいもんだな。

 

仕事が終わってから近所のマイバスケットというミニミニ スーパーで

総菜とウイスキー瓶(イオンオリジナルブランド)と炭酸水(イオンオリジナルブランド)とボロンカスな総菜を買って帰る。

 

痩せた「ささみチーズフライ」の冷たさは格別だ。声明を逆説的に感じる、

 

ほぼ衣だけど、まあ、そんなもんだ。

温めもせず「ささみチーズフライ」を喉が炎症になるギリギリまで頬張って

 

飲むビールは最高だ。

 

ビールというか第3のビールだけど。

 

悲しいほどに独身独居の老人な人生だ。

そこそこ楽しくてそこそこさみしい、

人生ってたぶんいつもこうだなとおもう。

 

明日はどんな冷たい総菜を

土曜日だからって奮発した発泡酒をつまみに、昼から飲むのだろう。

 

カスみたいな仕事

ゴミくずみたいな月収

誰にも愛されない俺は

おしり周辺の毛がやたら毛深くなったなぁと思いながら

最高の土曜日をみんなと同じように迎える。

中性脂肪の野郎、許せん。

しゅどんどんと申します、ども~!

 

中性脂肪が300以上あって引っ掛かりました。

中性脂肪の基準値は149までらしいです。

2人分の中性脂肪を蓄えています。

なんの責任を持ちたくないというのに、すでに二人分の中性脂肪という責を抱えてしまっているとは思いませんでした。俺のような無責任人間がなぜこのような事態に?お酒を飲みまくって、からあげ以外口にしてないからか?多分そうだね。からあげ以外の食べ物って別に美味しくないよ。からあげだけがReal。それ以外はFake。俺は真実だけを目指してやってきた(恋に、仕事に)。だがここにきて、俺の中性脂肪は急激にReal。Hard Real。きつすぎるぜ。俺26だぜ?26でなんで二人分の脂質を抱えなきゃいけないんだろうな。個人年金を払ってないからか?個人年金を払ってない事も多分そうだな。さて、油人間と化した私だが、とにかくダイエットをしている。ダイエットってマジで面倒くさいね。なにこれ?筋トレと水泳をやって、サラダを食べて、サバを食べて、鶏むね肉を食べて、それ以外を食べないことがダイエットです。そんなことあるか。この飽食の時代に。俺だけ飢餓だぜ、悲しいよな。みんな(4人ほどのブログ読者)もそう思ってくれるか。みんな(4人ほどのブログ読者。なぜ見ている?更新してなくてごめんな。)の為に、俺頑張ったぜ。みんなというか、俺の40歳から先の鈍色に輝く人生を歩むために頑張ったぜ。でもマジで面倒くさかった。プールに行ったらみんなピッチピチの水着を着用している中で俺は故・親父の残した故・だぼだぼの水着を履いて横のレーンの人の見よう見まねでクロールして15メートル泳いだくらいで一旦水を飲みすぎておぼれて、残り10mを大股でのしのし歩くということを週に30分くらいして、あとはサラダを食べていた。こんなつらいことはないよな。YouTubeでどれだけ「リュウジのバズレシピ」とか「土井善晴の和食」を深夜に見たことか。いまでは指で数えたらハンターハンターのモントゥトゥユピーよろしく背中の肩甲骨あたりから長い腕を伸ばして数えないといけないくらい見たよ。何の話だろうな。はやくハンターハンター暗黒大陸に上陸してほしいよな、まあ、そんなこんなあって、今は300以上あった中性脂肪がなんとか130まで落ちたわけよ。マジですごくないか。一生懸命頑張ったよな。しゅどんどん。俺はそんな極端な自分が好きだ。ブログも書いたり書かなかったりで継続性が全くないけど、「こりゃマジでヤバいな。」と思ったら極端に行動できる場当たり的な自分がかなり大好き。一生こうあってほしいよな。という気持ちとともに、「こいつが計画性や継続性を身に着けたらどんな化け物になっちまうんだ…?」という期待感もあるぜ。俺も俺自身に期待している。みんな(4名のブログ読者。あんたらは精鋭だ。DMくれ。)も期待してくれよな。そういえば最近ダイの大冒険がアニメ化したらしいな。俺はフレイザードが好きだ。フレイザードだっけ?半分炎で半分氷のやつ。ぼくのヒーローアカデミアでも同じような奴いたよな。あいつもかなり格好いい。男はとにかく炎にあこがれる、その次に氷だ。その2つを掛け合わせてる奴なんか格好いいに決まっているよな。あれ、話それているか?俺はこういうところがあるからな。マジでそこは申し訳ない。でも悪気があるわけじゃないんだ、こういう病気と思ってくれ。ていうか、多分病気だ。俺はこの病気とともに歩んでいく。病気も含めて自分が好きだからな。この病気のせいで何人もの大切な人の信頼をを失っているけどな。それはマジで悲しい。絶対に信頼されたい人からの信頼だけは大切にした方がいいぜ。でも無理なんだよな。俺が分かんないうちに失っているわけだから。平気で2時間遅刻するし、悪口も言っちゃうんだぜ。そりゃ嫌われるよな。でも俺だけは俺のことが好きだぜ。なんかもがいている気がするし。別にやりたいことなんてなにもないのに、なんかやりたいことある風な顔して無理して動いて体調崩したりしているところなんか愛くるしいったらないぜ。ちなみにこの文章は全然改行がなくて相当読みにくいよな。ごめんね。でもここまで読んでくれているなら最後にサプライズプレゼントだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体はマジで大切にした方がいいらしいぜ。