読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

灯台下暗しレビュー:ゴミ箱

f:id:syudondon:20170214215232j:plain

清潔さ☆☆☆☆☆

正義のヒーローさ☆☆☆☆

多様性☆

 

ゴミ箱を、ホメます。

 

ゴミ箱のここがステキ:部屋が必然的にきれいになる

ゴミ箱のある部屋、ゴミ箱のない部屋

そこに明確に存在する差は、「必然性」

ゴミ箱がない人は、ゴミが発生したとしてもそのゴミの行き着く先を迷う。

ゴミを片手に、寒い冬空を歩く迷い子と化してしまいます。

 

しかにゴミ箱を持つ人の部屋だと

ゴミは、必然的に、ゴミ箱へといざなわれる・・・。

ゴミの行き先に必然性が突如として現れるのです。

 

ゴミに行く末を示し、居場所を与える存在。ゴミ箱。

そのゴミがなければ、部屋の中はごみが散乱し、居場所を失ったゴミはギスギスした雰囲気を放ち、家主は汚さに無関心になっていくデススパイラルへ突入します。

 

最高だ。ゴミ箱。

見た感じただの箱なのに、「ゴミ箱」と名がついただけで

素晴らしい役職を全うしている。すごいぞ。

 

ゴミ箱のここがステキ:すべてを受け入れる度量

f:id:syudondon:20170214215316j:plain

自分が箱として生まれて「あなたは明日からゴミ箱」と人事異動を言い渡されたら

僕は素直に業務を遂行できるだろうか?

「ゴミを自分の中に入れるなんて・・・」そう思うに違いない。

しかしいまのところ反乱を起こそうとしたり、辞表をたたきつけてきそうなごみ箱はない。

なんと生真面目なんだ、ゴミ箱。

 

自分の部屋にあるゴミ箱は

可燃ごみ、ビン類、溶けた玉ねぎ、割れた鏡、爪。

何を入れても文句ひとつ言わない。

 

いつだって文句を言うのはアパート管理会社の人間だけだ

 

しかしゴミ箱は自身が受けている苦痛をものともせず。平気な顔をして受け入れてくれる。

心の広さが体育館のそれと一緒だ・・・。

 

ゴミ箱のここがステキ:愚直さ

f:id:syudondon:20170214215333j:plain

何度ゴミ箱をリメイクしようとしてもゴミ箱になる。

ステキだ

ゴミ箱はゴミ箱以外の自分を知らない。

ゴミを入れる以外の事に興味もなければ、やる気もないのだ・・・。

 

自分は仕事をしながら

「あーおっぱい触りたい」とか

「ぱいちちモミしだきてぇなぁ」とか

「バスト。」とか「第二回パイオツグランプリ」とか全然他ごとを考えてしまう。

 

しかしゴミ箱はゴミを入れること以外におそらく何も考えてない。

もちろんお乳の話を急に降られても「え?あ、すいません・・・。ちょっとわからないですね」となるだろう。

 

ステキだ。

僕はパイチチの話をされたら食い気味で反応すると思う。

ゴミ箱の愚直さを、見習いたい・・・。