読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

カルピスソーダは卑怯だよ

僕は根っからのコーラ狂いで、炭酸狂いだ

 

ひとり暮らしながらも常に冷蔵庫にコーラの1.5リットルペットボトルを常備している。

 

学生時代には安いからという理由で爆弾みたいな形の2リットルボトルのコーラを週3で買っていて、スーパーの店員さんを恐怖のどん底に突き落とした。

 

2リットルのコーラ単騎で会計をしていたので、たぶん、週1回くらいは「レジに爆弾を置かれた!?」と思っていたのだろう。店員さんには悪いことをしていたなぁ。

 

そんなぼくが許せない炭酸飲料がある。

 

カルピスソーダだ。

 

 

彼は、ずるい。

 

なぜなら、うまい。

 

後味があっさりとしていながら、ほしかった喉の刺激を満たし、それでいてコーラに比べてちょっと身体にいいような気もする。

 

いいとこどりしすぎではないだろうか?

 

僕はコーラ、ならびに炭酸飲料には「武骨な荒くれもの」のイメージがあった。

 

樽のジョッキを片手に「飲みてぇ奴は健康と引き換えに飲めよ!うめえことぐらい、てめえの舌で確かめてみろよ小僧。」と語りかけてきそうな真っ黒な液体の存在感。

 

氷のたっぷり入ったグラスに注いだ時に沸き立つ茶色い泡。

活火山の火口のように小爆発を起こし、荒れ狂う炭酸たち。

耳に心地よい「シュワァァァ」という火のついた導火線のような音

 

すべてが荒々しく、かっこいい・・・。

その炭酸飲料の男らしさに、ぼくは惚れている。

 

深夜にキンキンに冷えたコーラを口にするとき「ああ、自分はなんて悪いことをしているのだろう・・・。」と自分の大胆さにに浸れるのだった。

 

しかし、カルピスソーダ、彼は何なんだ?

白い。白すぎる。

 

体操のお兄さんのようなさわやかさ、舌を愛撫するかのような優しい泡。

まるで武骨さが感じられない。

女性の扱いにたけている20代後半の白シャツの男性を想起させる・・・。

 

「疲れてるの?そういうときもあるよね。ちょっとピリッとするけど、僕のこと飲んでみる?すこしは君の疲れを、癒せると思うんだ・・・。」

 

スマート。スマートすぎるのだ。

こういう男はここぞというときにすぐに髪を触ってくる。

さわやかさのなかにほんの少しのいやらしさを感じてしまうよ。

 

極めつけは炭酸だ。

 

 

コーラは炭酸がなくなれば、そこで終わりだ。

2リットルペットボトルを買っていたが、開栓するたびに弱っていくコーラを見るたびに涙が出そうになる。

 

「コーラ、お前、どうしたんだ・・・?あんなにパツンパツンにペットボトルを突っ張らせていたのに・・・ヘコヘコじゃないか。。」

 

でもコーラはニッと笑うだけで何も答えない。

自分が炭酸がなくなってしまうことで、自分でなくなってしまうことを悟っているのだ。

コーラ、なんて格好いいんだ。

 

 

それに比べてカルピスソーダ!

 

彼は炭酸がなくなったら

未練がましく【カルピス】になりやがる!!!

 

炭酸が抜けてもなお、愛されたいという自己愛が強すぎる。

50代の男性が、ムダ毛処理をしたり、長髪にして茶髪にするような未練がましさ、女々しさを感じる。

 

やはり、彼は卑怯な男だ。

カルピスソーダ・・・。

 

でもカルピスソーダは、淘汰するには、あまりにも美味い。美味すぎる。

 

でも、それでは、コーラが・・・。

 

コーラが、不憫でならないよ・・・。