読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

灯台下暗しレビュー:電球

f:id:syudondon:20170219144230j:plain

明るさ:☆☆☆☆☆

生活に必要度:☆☆☆☆☆

ひらめき感:☆☆☆☆

 

電球、最高だ

電球、愛してるよ

電球・・・

 

電球のここがステキ「明るい」

電球。

空間を照らすもっともポピュラーなアイテム。

電球のことを意識したのは、今から半年ほど前

憧れの町、東京から

まさかの3か月で仙台へ転勤となった時・・・。

 

仙台市の外れにそびえたつ築20年のアパート。

便座は冷たく、剣山のように私のおしりを突き刺します。

部屋には窓があるものの、目と鼻の先に、建物があるため日が差してきたためしはない。

 

しかし、天井はやたら高い。

そのためか、エアコンはまったく意味をなさない。

 

そこまでは我慢できた。会社の人がせっかく借りてくれたのだから

贅沢は言ってられない。私はなんにもできない新卒なわけだし・・・

 

 

 

しかし、3mから4mはありそうな天井に、電球がつけられていなかった。

 

しばらくは

f:id:syudondon:20170219145139j:plain

こんな感じで毎日を過ごしていたが

 

部屋に電気がない生活は本当につらかった。

 

間接照明を購入し、部屋に明かりがともった時の感動たるや・・

電球、ああ電球

光は最高だ。

人間が築きあげた文明の結晶。

人類の英知。

 

電球がなければきれいな夜景はない。

24時間営業のコンビニでは延々とたき火をしなければならない。

看板も夜は機能しないからラーメン屋を見つけることもままならない。

 

電球、君がいてくれて本当によかった・・・。

 

電球のここがステキ:ひらめいた!感がすごく出る

f:id:syudondon:20170219151029p:plain

かつてここまでひらめいたことがわかる表現があったでしょうか。

電球一つあれば、ひらめくことが出来る。

 

電球が光っている表現

これを使えないとしたらどうやって閃いたイラストを描けばいいのか、私には想像がつきません。

絵の表現すら担うというのか、電球よ

 

電球のここがステキ「もはや愛らしさすらある」

f:id:syudondon:20170219151650j:plain

 

 

 

・・・かわいくない?ていうか・・・

 

丸いガラス部分とフィラメント

そして接合部のぐるぐるしてるところ

 

全体的にキャッチーな印象を持つ。

強く握ったら壊れてしまいそうな脆さと相まって

愛が深まってしまう。

ネット自傷ノススメ:インスタグラム

ぼくは、ちょっと嫌なことがあった時、モヤモヤしたときは

インスタグラムを積極的に見るようにしている。

 

モヤモヤを明確にするためだ。

 

4.7インチの画面に映し出される光景は

「友人との楽しそうな食事会」「昔好きだった人とその彼氏とのラブラブ写真」

自己実現を果たしているデザイナーとなった昔の友人」

「誕生日を祝われている人々」

 

インスタグラムでフォローしているものの

今はまったくといっていいほど接点のない、関係性をメンテナンスせずにいた人々の自分がいない世界での幸せな出来事。

 

これがまた、キく・・・・。

 

自分はなぜ楽しそうじゃないんだ。

誕生日を祝われないのか、愛されないのか、、、

 

全てのモヤモヤが質量をもち

冷たく鋭い刃となって

ゆっくりと自分の心臓に押し込まれていくのが、わかる。

 

これが、最高。

 

「ああ、自分は生きている。」

「自分は世界に組み込まれた1ピースに過ぎない・・・」

「俺がだめだから、ダメだったのか・・・」

「ちくしょう、全員死ね」

 

 

モヤモヤの不安感は解消されて

明確な殺意と強い自己承認欲求となり

原動力となるのだ・・・。

 

 

みなさんもぜひ、やってみてください。

 

ただ、やりすぎると、死にます。

文字通り死ぬので

時折、カフェにいった写真でもアップしてささやかな抵抗をしましょう。

今日の嫌いな人~厳選一皿~

f:id:syudondon:20170216010001p:plain

野球をやっていたやつ嫌いだわ~

中高で野球をやっていたやつ全員死ね~

 

嫌いその①結局、野球部同士が一番仲良し

 

野球部って、異常に群れる。

サッカー部とか陸上部、それらに比べてもハチャメチャに群れる。

トイレとかに4~5人で行ったりする。

鏡の前で5分くらい談笑してるんじゃねえよ。

こちとら個室でお前らが出るの待ってるんだよ。よしんば出たところで手を洗うときに「ちょ、手、洗うから・・」ってなるだろ。廊下出てしゃべってくれ

「・・・・」って黙って俺が出た後に笑ったりすんな。死ね。

 

話が長くなった。

群れるのはまだいい。いや、腹立つけど目をつむる。

 

野球部の奴ってクラスで話すようになって休日遊んだりしたとしても

結局野球部同士で集まるのが一番楽しいみたいな雰囲気醸し出す。

 

「クラスでは遊んだりするけど、本命ではない」みたいな扱いやめろ。

人を都合のいい女みたいにするな。

仲良くなりがいが一個もない。俺の費やした時間返せ。

 

嫌いその②バッグが異常にでかい。

f:id:syudondon:20170216010039g:plain

 

エナメル地の「○○高校野球部」って金色で書かれたバッグ超でかくない?

いや、超でけえよ。電車とかですれ違う時すんげえ邪魔。

たくさん荷物あるか?ユニフォームとグローブと靴以外もってくものねえだろ。バットに関しては変な、筒みたいなのあるだろ。

 

4日くらい泊まるときの荷物量だろ。そのエナメルは。

せめてリュックとかにしろよ。なんで肩掛けようとするんだその物量で。

 

嫌いその③帽子の裏になんか書いてる

 

俺は知っている。

あいつらは帽子の裏に「一球入魂」とか書いてる。

 

もうほんっとそういうのやめろ。肌寒いわ。

そういうのは紙に書いて冷蔵庫とかにはっつけていてくれ。

大体なんで帽子のつばに書くんだ。

 

見えねえだろ・・・。

 

見えねえだろ!!

一球入魂したいときに一球入魂の文字見えねえだろ!

書いているときだけやたらテンション上がっている奴だろ。

 

ピッチャーはまだわかるけどレフトとか何書くんだよ。

「球、捕るぞ~!」とかか?一生捕ってろ。

 

 

嫌いその④坊主なのにモテる

 

まあ、結局これに尽きる。

無個性はなはだしいのにモテるの本当やめろ

 

こちとら親から授かった地獄の天パーを毎朝30分くらいかけてアイロンで伸ばしているのに

坊主でモテてたら俺の努力何の意味もねえだろ。

 

高校球児=かっこいい

と思ってるそこらへんの女もしかり。よく見ろ、大概ニキビっ面。

坊主で白いユニフォーム着てたら誰だっておんなじだろ。

 

高校球児好きな女は高校球児を「個」で把握してない。

高校球児という「カテゴリ」で好きになっている気がする。

そんな愛のカタチ、あるかよ。

 

 

 

嫌いその⑤結局妬ましい

 

明るい奴、多すぎない?

いや、多すぎるわ。

明るくて優しいやつとかもう本当にきついだこっちは

 

直視できねえ。

太陽直に見てる気分だ。そのキラキラ加減は時として暴力になりうる。

 

ずるいわ・・・。

 

楽しそうに人生生きるの、やめてくれ・・・。

 

なぜおれは野球をしなかったんだ・・・・。

灯台下暗しレビュー:ゴミ箱

f:id:syudondon:20170214215232j:plain

清潔さ☆☆☆☆☆

正義のヒーローさ☆☆☆☆

多様性☆

 

ゴミ箱を、ホメます。

 

ゴミ箱のここがステキ:部屋が必然的にきれいになる

ゴミ箱のある部屋、ゴミ箱のない部屋

そこに明確に存在する差は、「必然性」

ゴミ箱がない人は、ゴミが発生したとしてもそのゴミの行き着く先を迷う。

ゴミを片手に、寒い冬空を歩く迷い子と化してしまいます。

 

しかにゴミ箱を持つ人の部屋だと

ゴミは、必然的に、ゴミ箱へといざなわれる・・・。

ゴミの行き先に必然性が突如として現れるのです。

 

ゴミに行く末を示し、居場所を与える存在。ゴミ箱。

そのゴミがなければ、部屋の中はごみが散乱し、居場所を失ったゴミはギスギスした雰囲気を放ち、家主は汚さに無関心になっていくデススパイラルへ突入します。

 

最高だ。ゴミ箱。

見た感じただの箱なのに、「ゴミ箱」と名がついただけで

素晴らしい役職を全うしている。すごいぞ。

 

ゴミ箱のここがステキ:すべてを受け入れる度量

f:id:syudondon:20170214215316j:plain

自分が箱として生まれて「あなたは明日からゴミ箱」と人事異動を言い渡されたら

僕は素直に業務を遂行できるだろうか?

「ゴミを自分の中に入れるなんて・・・」そう思うに違いない。

しかしいまのところ反乱を起こそうとしたり、辞表をたたきつけてきそうなごみ箱はない。

なんと生真面目なんだ、ゴミ箱。

 

自分の部屋にあるゴミ箱は

可燃ごみ、ビン類、溶けた玉ねぎ、割れた鏡、爪。

何を入れても文句ひとつ言わない。

 

いつだって文句を言うのはアパート管理会社の人間だけだ

 

しかしゴミ箱は自身が受けている苦痛をものともせず。平気な顔をして受け入れてくれる。

心の広さが体育館のそれと一緒だ・・・。

 

ゴミ箱のここがステキ:愚直さ

f:id:syudondon:20170214215333j:plain

何度ゴミ箱をリメイクしようとしてもゴミ箱になる。

ステキだ

ゴミ箱はゴミ箱以外の自分を知らない。

ゴミを入れる以外の事に興味もなければ、やる気もないのだ・・・。

 

自分は仕事をしながら

「あーおっぱい触りたい」とか

「ぱいちちモミしだきてぇなぁ」とか

「バスト。」とか「第二回パイオツグランプリ」とか全然他ごとを考えてしまう。

 

しかしゴミ箱はゴミを入れること以外におそらく何も考えてない。

もちろんお乳の話を急に降られても「え?あ、すいません・・・。ちょっとわからないですね」となるだろう。

 

ステキだ。

僕はパイチチの話をされたら食い気味で反応すると思う。

ゴミ箱の愚直さを、見習いたい・・・。

食べよう、犬用クッキー

f:id:syudondon:20170213210336j:plain

僕は犬用クッキーを、食べていた。

 

あ、待って。今はちがう。ちがうから、ひかないで。

幼少期だから。

 

当時食べていた犬用クッキーは

しっとりとしてサクサク、やさしい甘みの中に少々の獣臭さを感じる

ワイルドさと優しさを兼ね備えた、理想の彼氏のような存在だった。

 

ぼくは、犬用クッキーの世界にどっぷりとハマっていった。

 

 

我が家の愛犬チョコちゃん(♀)と一緒に母親の前におすわりしていたあの日々が、

キラキラしていたあの日々が妙に懐かしく思える

f:id:syudondon:20170213210400j:plain

チョコちゃんが犬用クッキーをもらっている姿を妬ましく感じていた

「ぼくだって、おすわりや、ふせ、おかわりだってできるし、トイレを間違えたことは一度もない・・・」

 

愛犬のミニチュアダックスフントに嫉妬をする。

どんなに愛しい存在でも場合によっては憎い敵となりうると知った。

そんな経験はいまも強い糧になっている。

 

チョコちゃんと犬用クッキーを一緒に食べているときは不思議な友情が芽生えていた

「これ、おいしいよね」

「うん、おいしい。人間もそうなの?」

「うん、ほんのり甘くておいしいよ。チョコもこれがすき?」

「んー、犬的にはごっつ甘いよ。ペティグリーチャムの次に好き。あれむっちゃうまくない?」

「えー、僕、あれ嫌い。犬臭いじゃん」

「・・・」

そんな会話をしていた気がする

 

僕が犬用クッキーの袋を手に持つとき、チョコちゃんは「お!?おやつか!?」とめちゃくちゃ近寄ってくる

 

そこでひとつ、クッキーをつまみ、おもむろに自分の口に運んだ時

その瞬間のチョコちゃんが見せる驚愕の表情が、好きだった

f:id:syudondon:20170213210421j:plain

相当深みのある人生を歩んでこないとできない、驚愕と哀愁が入り混じったあの顔。

当時3歳のチョコちゃんが見せるあの表情。

ぜひとも皆さんにもご覧になってもらいたい。

 

ともあれ、愛犬とけんかするほど僕は犬用クッキーを好んで食べていた。

好き度で言えば、アルフォート以上、ルマンド未満をマークする程度に愛していた。

熱狂的なファンといえる。

 

しかし、突如、犬用クッキーを食べていたときに

じんましんが出て、食べるのをやめた。

 

アダムとイブがりんごを食べて、知恵を得たのと同じように

僕は犬用クッキーを食べ、じんましんと常識を得た。

 

「犬用クッキーは、人間が食べるものじゃないな・・・。」

 

それから、犬用クッキーを食べていた過去と決別をして、ステラおばさんのクッキーを食べている。

 

ステラおばさんは、犬用クッキーに育てられた野生児であるぼくを暖かく包み込み、正常な味覚へと導いてくれた。

f:id:syudondon:20170213210448j:plain

ありがとう、ステラおばさん。

お味噌汁 IN YOUR HEART

お味噌汁が大好きだ。

 

お味噌汁ももちろん。ぼくのことがすきだ。

 

みそ汁はなんにでも合う。ダイコン、豆腐、わかめに、お麩・・・。

味噌汁はクラスの中心人物というより、寡黙だけど優しくクラスの隅っこの連中に話しかけられても嫌な顔一つしなさそうだ。

運動会でリレーの2番手を担いそうなイメージがある。

気は優しくて力持ち、そんな彼だ。

 

ごはんとおかずだけの食卓をしばらく続けている。

あんなにわびしいものはない。そこにそっとみそ汁さえあれば

一汁一菜の立派な食卓となる。

 

 

名古屋人の血が赤だしを求める

 

しかし仙台のスーパーに赤だしは売っていない(たぶん)

 

ああ、赤だし

君は今どこで何をしているの。赤だし・・・

 

大豆を腐らせてなぜあそこまでおいしくなるんだろう。

 

灯台下暗しレビュー:椅子

f:id:syudondon:20170211210835j:plain

座りやすさ:☆☆☆☆☆

文化的度合:☆☆☆☆

安全性能:☆☆☆☆

 

いまから椅子のことをたくさん褒めてあげたいと思います。

 

椅子のここがステキ「疲れにくい」

 

椅子といえば、座る。

椅子と座るという行為は切っても切り離せない存在でしょう。

靴にとっての足、たたきキュウリにとっての塩昆布と同じ存在です。

欠かせません。

 

椅子に座っていると

立っているときより脚部にかかる負担がグッと減ることが科学的に立証されています。

やっぱり椅子って最高ですよね。

 

こんなデータも取られています。

 

f:id:syudondon:20170211211003p:plain

正座のスペシャリストの約半数が椅子に座ることを推奨しています。

これには驚きです。

私の脳内に潜むお坊さんだとしても、説得力のあるデータですよね?

 

椅子の癒し力は凄まじいのです。

f:id:syudondon:20170211211128j:plain

動物園において立つことを強いられているプレーリードッグも、きっと椅子の存在を知るや否や、おしりをどかっと椅子においてしまうことでしょう。

それだけの魅力が、椅子にはあるのです・・・。

 

 

椅子のここがステキ:椅子に座ると頭がよさそうに見える

 

これは私の大発見なのですが、床に地べたに座るより

椅子に座っていると「あ、この人、知性があるな・・・」となります。

 

f:id:syudondon:20170211211231j:plain

私の類まれな観察眼によると、どうも日常的に椅子に座っている動物は地球上に人間だけのようです。

サルくらいになると木の枝とかに座っているので

知性がある動物であるほど、地面に座ることを嫌がる傾向にあるのでしょう。

 

コンビニの前にたむろしている若者をご覧になられたこともあるでしょう。

 

f:id:syudondon:20170211212026j:plain

僕はあの光景を見るたびに「バナナの剥き方について会議を開いているゴリラ」と錯覚してしまいます。

地べたに座っている人間は地面からずるずる知性を引っ張り出されているのです。

お尻の穴から知性が漏れ出ています。

 

しかし、コンビニの前で椅子に座っている若者がいたら

「まあ、たぶん悪いことはしないだろうな・・・」と感じることでしょう。

椅子があるだけで品格が上がる。

なんと便利なアイテムなんでしょう・・・。

 

椅子のここがステキ「安全」

 

みなさんが椅子に守られていること、気づいていますか?

 

もしも、もしもジェットコースターにたちっぱで乗ることになったらどうでしょう。

f:id:syudondon:20170211211641j:plain

首はぐらんぐらん、足はがくがく。一回転でもしようものならスポーン!と安全バーの隙間から飛び出て観覧車に槍のごとく突っ込んでいくことでしょう。

 

車に椅子がなければエアバッグがみぞおち直撃です。

 

そして車椅子を使用できなければみんな「羊たちの沈黙」で護送されるレクター博士のようになってしまうのです。

f:id:syudondon:20170211211754j:plain

 

椅子があるからこそ、生きながらえているということを、肝に銘じていきたいですね・・・。

 

椅子を信仰せよ・・・・。