しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

歯医者いった。ドリル許さん。

歯医者に行った。

依然、前歯が爆散した際に虫歯があるから今度来てちょ~と言われたからだ。

 

今回は若い、男性の歯医者さんが見てくれるようだ。

名は、井上マサシという。

 

さっそく施術説明が始まった。私はインフォームドコンセントが大好き。

八重歯に小さい虫歯が出来ているようだ。

 

井上先生「今回は麻酔無しで大丈夫ですか?」

愚問だ。

麻酔があると医療費は高くなってしまう。

虫歯歴20年の私を舐めるなよ、若造。

ちいさな虫歯などヘッチャラピーであり、もちろん、麻酔など必要ないのだ。

 

そうして麻酔無しで、施術が始まった。

 

キュィィィィン(ドリルの回転音)

 

…あー。

 

 

うん。

 

 

 

めっっっっちゃ痛い。

 

 

 

え?痛い。え?いったい。うそぉ。

え?なにしてるの?痛い。やめて?

 

…そう、私は虫歯が多すぎて幼少期にほぼすべての神経を引っこ抜いていた。

今回のようなちゃんと神経がある歯を治療するのは10数年ぶりだったのだ。

 

神経がちゃんとある歯の治療は激痛なのだ。痛い。

 

冷静に分析している場合じゃない。あー、もう。痛い。

濃硫酸でうがいしてるみたいだ。

 

f:id:syudondon:20180522224226j:plain

先生?もしかして岩とか掘るドリル使ってる??

 

 

 

f:id:syudondon:20180522224320j:plain

目を開けたら、先生がこれになってたりしない?

 

そう考えているうちに、ドリルが止まった。

やった!解放された…?

 

 

キュィィィィン

 

 

無言でまた、始まった。

なんで一回止めた。おい、井上。井上マサシ。

趣味として歯を削っているんじゃなかろうな。ドS野郎。

 

本当に痛かったけど

「麻酔すると高い…。麻酔すると治療費高い…。」

と考えることでどうにか気絶せずに済んだ。

頭の中で諭吉の肩をガッチリホールドする妄想をしていた。

 

 

「はい、この歯はこれで完治しました!」

井上先生がそう言った。なんとか治療を終えたようだ。

本当につらかった。

こんな思いは二度としたくない。今後はちゃんと歯磨きもするし歯間ブラシもしよう…。

 

そう思いながら、治療室を出ようとすると声をかけられた。

 

 

井上「違う虫歯もあるから、また来週やりましょうね。」

 

 

殺してください。

空手の先生に教わったった一つの大切な事。

ぼくは小学校から高校卒業まで空手道場に通っていた。

 

それも、人を素手でボコボコに殴る感じのかなりオフェンシブな空手だ。

 

その空手道場は1人の先生が教えていた。

 

その先生というのが、本当に、めっっっっっちゃんこ怖かった。怖かったエピソードを羅列すると5万文字とかになるので、抜粋して羅列します。

 

●めちゃ怖①ひたすら強い。

→先生はとにかく強かった。流派の全国大会で5回くらい優勝しており、拳には漫画みたいな拳タコがあった。命を刈り取る形の拳だった。

当時生意気なお年頃だったが、圧倒的な力の前には平伏すしかなかった。

 

●めちゃ怖②竹刀持ってる

常に竹刀持ってる。持ってるだけじゃなくて脳天を叩く。

叩かれて痛がっていると「こんなん全然痛くねぇわ!!!!」と言いながら先生が自分の頭を自分で何度もぶっ叩く。その後、なぜかぼくももう一発ぶっ叩かれる。

 

●めちゃ怖③超熱血

声がでかい。そして、すこぶる熱心に指導してくれる。一度ぼくが外国人と試合をした時、セコンドについた先生は

「頑張れ!!負けるな!!!頑張れ!!ニッポン!ニッポンがんばれ!!!ニッポォォォーーン!!!」と、途中で国を応援し始めた。先生の応援で外国人もぼくも笑ってしまい試合が中断された。

 

そんな先生だが、何年も一緒にいるとかなり仲良くなり、雑談もする仲となる。

 

稽古前には

 

先生「おい!しゅうと(ぼくの本名)!」

 

ぼく「はい!!!」

 

先生「堀北真希って、かわいいよなぁ」

 

ぼく「オス!ぼくもそう思います!!!」

 

とか話す。

 

 

 

ある日、道場に行くと先生の手が包帯でぐるぐる巻きになっていた。

 

ぼく「オス!右手どうしたんですか!?」

 

先生「ああ、この前な…。」

 

ぼく(喧嘩かな…?)

 

先生「小学生にミット打ちさせてたら、ミットを打つ手が痛いって文句言い出してな…。」

 

ぼく(ん…?)

 

先生「『こんなん全然痛くねぇわ!!!!』って言いながらコンクリートの壁を思いっきり殴ったら、折れちゃった。」

 

ぼく「」

 

先生「しゅうと、コンクリートって硬いから殴っちゃダメなんだぞ。」

 

 

 

先生……。

知ってる………。

 

 

「ポポー」という果物を、食べてみたいな。

ポポー、知ってますか?

ポポー。

f:id:syudondon:20180514210833j:plain

 

こういう…アケビみたいな形をした果物です。

 

ポポー。

 

名前が好きだ。

なんていい響きなんだ。

この世のありとあらゆるものに対して無関係を装っているような、辛いとか苦しいとか、楽しいとか、そういうのをすべて無視してボ~ッとしている、糸目の少年のような姿が思い浮かぶ名前だ。ポポー。

 

それでいて、さすらいの旅人のような。

ずっと近くにはいてくれないんだな、と、さみしさも感じる名前だ。ポポー。

 

アメリカの五大湖原産で

「アメリカン・カスタード・アップル」と呼ばれることもあるらしい。

 

なんだそれ。うまそうすぎる。

カスタード×アップルなんて、最高すぎるじゃないか。

31アイスクリームの新作にありそうだ。そんな味。

 

女子高生がくぎ付けになってしまうんじゃないか?

ポポーを食べに原宿を離れ、アメリカの五大湖へ殺到する女子高生が目に浮かぶ。

 

「ねっとりとしたトロピカルフルーツを思わせる味わい」とのことだった。

ねっとりとした果物はだいたい美味い。バナナがそうだ。

 

しかし、トロピカルフルーツにもいろいろあるだろう。

ライチ、マンゴスチン、バナナ、マンゴー。

 

いったい、どのトロピカルに当てはまるんだ。

 

タイとかそのあたりのフルーツなのか、はたまたバリか、シンガポールか。

気になる。

 

絶対に食べたい。

しかし、とても足がはやく、なかなか市販されないらしい。

ちくしょう。

以下ポエムです。

 

ポポー。

君はぼくを困らせてキシシと笑う。

 

ポポー。

君はいまどこにいて、なにをしているの。

 

ポポー。

君の名前を繰り返し呼んでも、呼び足りないよ。

 

ねえ、ポポー。

熱海は最高

熱海は最高だ。

温泉があるから最高だ。

 

最高は温泉と親和性が高い。

 

上司に説教をされたとしても

それが温泉の中だとなんかいい話聞いてるみたいになるに違いない。

 

まんじゅうを普段あまり食べないくせに

温泉地に行くと人はやたら温泉まんじゅうを食べる。

温泉卵も食べる。あれに至ってはビチョビチョのゆで卵なのに、なんか美味しそう。

 

温泉って全部最高になるからすごい。

 

 

温泉ってなんだ?あったかいお湯がこんなにいいものなのか?

 

f:id:syudondon:20180513203838j:image

はい、これが温泉に行った時の部屋です。

 

奥に見えるちゃんちゃんこタンクトップの変態が、この旅館の名物である座敷童です。

 

そこそこ成長した座敷童は、とくに富をもたらすわけでもなく、寝る前に怖い話をしてきたり、「俺らの時代はなぁ…こんないいもんなかったからなぁ〜?」みたいなちょいウザ系の発言をしてきます。

 

f:id:syudondon:20180513204202j:image

帰ってほしい。

 

f:id:syudondon:20180513204247j:image

そんなことより、初島がすごい。

最高というほかない。

 

f:id:syudondon:20180513204335j:image

ほらもう。

なにここ?天国?気づいてないだけで自分死んでる???

ていうか、地縛霊になったらこの地に縛られたい。

 

f:id:syudondon:20180513204532j:image

 

そしてハンモックで、こうです。

もうダメだ。会社辞めるしかない。

このハンモックで一生を終えるしかない。

 

f:id:syudondon:20180513204638j:image

さっきの座敷童もこのざまです。

電池が切れてしまったのか、へたりこんで動かなくなってしまいました。

 

彼はまだ、島で座ってます。

 

f:id:syudondon:20180513204744j:image

帰って肉食いました。

ぼくは相当前世でいいことしたんだと思います。

きっと、道徳の概念を作ったのが前世の私です。

 

みんなも今世で徳を積んで、来世で初島に行こう。

 

【感想】何話かわからない「オタクに恋は難しい」を視聴して

何話かわからないけど、勝手に録画されていた「オタクに恋は難しい」を視聴させていただきました。

 

メガネのひろたかってやつと、百瀬成美って女の子が付き合っているようだ。

その二人が同人即売会でBL本を売っていた。

 

基本的にオタクが美化されている点はひっかかる。

ひっかかるけど、別にいいじゃないか。自分を美化しない人なんていないわけだし。

 

まあそんな美化されたオタクことひろたかが格好いい。

メガネが、四角い。

本当にメガネが四角いぜ。

こんだけメガネが四角いと、格好いい。

 

ひろたかが嫉妬しててかわいかった。

おれは四角い眼鏡が嫉妬することに、フェチを感じる。

でもひろたかは声が小さいぞ。

もっと声を張ったほうがいいんじゃないか。今後も頑張れよ。

 

あと百瀬成美がすんごい腐女子っぽいしゃべり方をしていて、その点が良かった。

俺は腐女子のしゃべり方が好きだし、俺のしゃべり方もかなり腐女子っぽいからだ。

俺は腐女子

 

【疑問点】

①このオレンジ色の髪をしたイケメンは誰だろう。

→おそらく同僚。イケメンであり、筋トレオタクとかそんな感じだと思う。

②緑色の髪をしたメガネの女は誰だろう

→おそらく女上司。こいつも腐女子だと思う。あとオレンジ色の髪と付き合ってると思う。

③オープニングがぬるぬるしてちょっと怖い。

→誰の趣味だろう。

 

疑問はなかったけど楽しかったです。

今後も一生懸命視聴して謎を解明したいと思います。よろしくお願いします。

ソニックになりたいんよ

なりたいなぁ。

 

f:id:syudondon:20180427134848p:image

ソニック

 

ソニックをご存知?

セガから発売されるゲームの主人公であり高速移動する青いハリネズミ…。

 

兼ねてからソニックに対する強い憧れがあった。

 

ゲームキューブソフト「ソニックアドベンチャー2バトル」で見せたアメリカかぶれな話し方。丸まった状態で高速で移動する姿。大きなロボットを一撃で破壊するボディアタック

 

なにもかもが輝いて見えた。ヒーローとはこのことだ。

幼い時分から今まで、彼は僕のヒーローとして君臨していた。

 

憧れは時を巡って次第に形を変えた。

 

「僕もソニックになりたい。」

 

僕はそう考えるようになった。

 

新幹線の窓から見える、高速で過ぎ去る景色を眺めながらソニックアドベンチャー2バトルのメインテーマを聞いて擬似ソニック体験をするなど、僕の生活がだんだんとソニックに染まって行った。

 

メインテーマ

https://m.youtube.com/watch?v=59O4rdGsbsU

 

東京駅の人混みにボディアタックを仕掛けたい。

 

京葉線から山手線へ乗り換える長い道のりを丸まった状態で突っ走りたい。

 

ヤンキーに絡まれた時に、おもむろに丸まって、ウオオオオオ…とか言いながら高速回転し、ウリャーーーという掛け声でボウリングのピンのようにヤンキーをボディアタックで弾きとばしたい。

 

そして「Hey guys!また、遊んでやるぜ?」というのだ。イッツ、クール。

 

逆にヤンキーに殴られた時は「アウチ」って言いながら金色のリングをそこら中に撒き散らしたいのだ。

 

僕は基本的に高速回転した状態で誰かに突っ込みたいという欲求があるんだと思う。

 

今日もベッドの上で僕はでんぐり返しを行う。

バランスを崩し、こたつの角に脇腹を強打した。

 

ソニックへの道のりは、遠い。

俺のコンテンポラリーダンスを喰らえ!

ダンス踊りたい。

 

そんな衝動が定期的に訪れる。

家でコタツをどかして、音をたてないようにコンテンポラリーダンスを踊る。

無音の部屋の中心で、僕が踊る。

 

社会のしがらみ、人の憎しみの輪から離れた小さな1Kで、砂漠に突如咲いた真っ赤なバラのように誇らしげに踊る。なんとも、快感だ。

 

僕のコンテンポラリーダンスはだんだんと激しさを増し、汗ばみながらも、笑顔は絶やさない。決して苦しむ表情なんて、見せない。

 

10分ほど踊ったところで、息も絶え絶えになりながらダンスを終える。

 

 

コンテンポラリーダンスの事は、あまり良く知らない。

 

 

どうも、よくわからない動きをするダンスの事らしいので、おそらく自分が踊っているのはコンテンポラリーダンスなのだろう。

 

本当は、こんな小さな部屋ではなく

多くのオーディエンスの前で

道端で、渋谷の交差点で、ダンスを踊りたい。

 

おもむろに黒人にダンスバトルを申し込みたい。

ラジカセを…担いでみたい。

 

しかし、ぼくはダンスが下手だ。

そんなことをしては、きっと、恥をかくだけだ。

 

社会のしがらみから逃げるための必死の抵抗としてコンテンポラリーダンスを踊っているのに。

ぼくはなんて、小心者なんだ。

 

いつか、上司に、魅せてあげたい。

僕の、コンテンポラリーダンスを。

 

 

上司が「おい、声が小さいぞ」と小言をはじめ、説教に入った瞬間

その刹那にMAXのコンテンポラリーダンスを始めたい。

 

「俺のコンテンポラリーダンスを喰らえ!!!」

上司にそう言いはなち、うろたえる上司を横目に見ながらデスクの上で踊り狂うのだ。

 

「おい、あいつ…」「狂ったか…?」「なにやってんだ…」

 

いつも仕事を教えてもらっている諸先輩方も見ている。

しかし、ダンスはやめない。むしろ激しさを増す一方だ。

 

ネクタイを外し、ワイシャツのボタンを引きちぎる。

 

玉の汗をまき散らしながら、手足をカクカクさせ、踊る。

 

見積依頼の書類も、客からの契約書も蹴散らしながら、踊る。

 

いつしか、上司も先輩方も僕のコンテンポラリーダンスのあまりの激しさ、そして美しさに圧倒され口をつぐむだろう。

 

そして死ぬ寸前まで踊った後、はつらつとした笑顔で「ありがとうございました!」と言い放ち、鞄をもち、営業車に飛び乗るのだ。

 

そして、海を、見に行くんだ…。

母なる海を…。