しゅどんどんずんどこブログ

書いちゃうよ~!

俺のコンテンポラリーダンスを喰らえ!

ダンス踊りたい。

 

そんな衝動が定期的に訪れる。

家でコタツをどかして、音をたてないようにコンテンポラリーダンスを踊る。

無音の部屋の中心で、僕が踊る。

 

社会のしがらみ、人の憎しみの輪から離れた小さな1Kで、砂漠に突如咲いた真っ赤なバラのように誇らしげに踊る。なんとも、快感だ。

 

僕のコンテンポラリーダンスはだんだんと激しさを増し、汗ばみながらも、笑顔は絶やさない。決して苦しむ表情なんて、見せない。

 

10分ほど踊ったところで、息も絶え絶えになりながらダンスを終える。

 

 

コンテンポラリーダンスの事は、あまり良く知らない。

 

 

どうも、よくわからない動きをするダンスの事らしいので、おそらく自分が踊っているのはコンテンポラリーダンスなのだろう。

 

本当は、こんな小さな部屋ではなく

多くのオーディエンスの前で

道端で、渋谷の交差点で、ダンスを踊りたい。

 

おもむろに黒人にダンスバトルを申し込みたい。

ラジカセを…担いでみたい。

 

しかし、ぼくはダンスが下手だ。

そんなことをしては、きっと、恥をかくだけだ。

 

社会のしがらみから逃げるための必死の抵抗としてコンテンポラリーダンスを踊っているのに。

ぼくはなんて、小心者なんだ。

 

いつか、上司に、魅せてあげたい。

僕の、コンテンポラリーダンスを。

 

 

上司が「おい、声が小さいぞ」と小言をはじめ、説教に入った瞬間

その刹那にMAXのコンテンポラリーダンスを始めたい。

 

「俺のコンテンポラリーダンスを喰らえ!!!」

上司にそう言いはなち、うろたえる上司を横目に見ながらデスクの上で踊り狂うのだ。

 

「おい、あいつ…」「狂ったか…?」「なにやってんだ…」

 

いつも仕事を教えてもらっている諸先輩方も見ている。

しかし、ダンスはやめない。むしろ激しさを増す一方だ。

 

ネクタイを外し、ワイシャツのボタンを引きちぎる。

 

玉の汗をまき散らしながら、手足をカクカクさせ、踊る。

 

見積依頼の書類も、客からの契約書も蹴散らしながら、踊る。

 

いつしか、上司も先輩方も僕のコンテンポラリーダンスのあまりの激しさ、そして美しさに圧倒され口をつぐむだろう。

 

そして死ぬ寸前まで踊った後、はつらつとした笑顔で「ありがとうございました!」と言い放ち、鞄をもち、営業車に飛び乗るのだ。

 

そして、海を、見に行くんだ…。

母なる海を…。

山梨にいった

仕事で山梨にいった。

f:id:syudondon:20180407113032j:image

当日の朝に、山梨行けと言われ、「ハイ、イキマス」と答えたからいった。

 

先輩と2人で高速に乗り込み、約3時間の道のりだ。道中では我々の営業エリアで最も効率の良いカブトムシの採取方法を教わった。大きなクヌギがある場所なら、いつでも俺に聞け。と話す先輩の横顔は、頼もしかった。

 

山梨にいってやることは

まずお客さんに謝って、そして、重たい荷物を持つ。

その後しばらく重たい荷物を運び、重たい荷物を降ろす。

 

それを昼ごはんも食べずに5時間繰り返す。

 

不思議な仕事だ。

 

総合職といったものの、こういった仕事も入ってくるのか。広すぎやしないか、総合の間口。

 

そんな仕事も別に不満でもない。

頭を使わず、窓から見える山梨の低いビル群、澄んだ青空、隣のマンションで10階まで冷蔵庫を一人であげてる佐川急便のお兄さんを見ていると、晴れやかな気持ちになる。

 

私用のため、カブトムシの先輩を残し、電車で帰宅することになった。

やっと解放された。

f:id:syudondon:20180407113839j:image

山梨駅で特に山梨名物じゃないモツ煮を食べた。

おいしかった。

サービスエリアっていいよね

サービスエリアが好きだ。

食堂の伸びたラーメン、割高な揚げ物たち、自販機が並んでいるゾーン、お土産が所狭しと置いてあるゾーン 、煙ったい駐車場

ぜんぶ、なんだか旅がこれから始まるようなワクワク感を感じさせてくれる。

 

だから、サービスエリアが大好きだ。ついつい長居してしまう。

 

先日仕事中に尿意を催し、サービスエリアへ立ち寄った。

高速道路で尿意を感じた時に現れるサービスエリアは、なぜだか、光り輝いて見える。

 

めちゃくちゃ広いトイレで用を済まし、外に出ると家族連れや、修学旅行帰りの中学生の集団、仕事をサボってるサラリーマンがベンチに集まり、各々の時間を楽しんでいる。

 

なんだか、そういう場面は、とても好きだ。

 

フードコーナーで唐揚げ棒的なものを頼み、コーヒーを一口。

 

最近は以前までの寒さを忘れたかのように能天気なまでの暖かさだ。

なぜだかぐっと、空の青色が濃くなり、太陽が近くに寄っているかのように思える。

 

青々とした若葉の香りが鼻をくすぐる。

 

半分氷が溶けたアイスコーヒーに気づく。

 

サービスエリアの、魔力にやられ少し時間が経っていたようだ。腕時計を見る。

 

 

 

 

あっ、やべ。

 

会社戻る時間だ。

 

やべっ。

 

急いで車に飛び乗る。

 

今日の天気は晴れのち桜。

じっくり桜を楽しめるほどに道は混んでいた。

 

この数時間後、私はまた、上司に怒られるんだろうな。

 

そんな予感を感じさせないほど、春の陽気は燦々と輝いていた。

前歯の爆散(4度目)

まただ。

 

また前歯が爆散した。

 

もう俺の前歯は完璧に歯ではない。

プラスチックだ。

前プラスチック。

 

今回の爆散は真っ当な理由がある。

前歯の爆散に真っ当もクソもないが。

 

前回までの爆散はホタテを噛んだから。

前歯の脆弱さがシングルのトイレットペーパーとどっこい。

 

今回は朝起きたら割れてた。

しこたま飲んでどっかで転んだらしい。

らしいというのは忘れていたからだ。次の日から同席していた会社の上司たちがすごくよそよそしい。きっとすごい失態を明かしているに違いないが、怖くて聞けない。

 

 

アスファルトVSプラスチックでは、プラスチックが負けるのが道理だ。故に今回は真っ当。

 

歯医者に行った。

 

パテを固めたやつをボンドでくっつけるしか無いと言われた。

俺の口中でDIYしようとするな。

でも、お願いします。

 

今後一切厚めなハムなどは食べられなくなるらしいが、しょうがない。

 

医者はボンドで僕の前歯の欠けた部分へパテを塗りながら「おかしいな…。この歳でこんな状態に…?おかしいな…。若いのに…。おかしいぞ…?」としきりにいっている。

 

おかしいのは、俺もわかってる。

 

無事にボンドをつけ終えた。

 

会計を済まし、お腹が空いたのでモスバーガーを食べに行く。

 

 

モスチキンにかぶりついたら前歯が爆散した。

 

誰か助けてくれ。

 

 

かんべんき

今日、ふいに降りてきた言葉

かんべんき

 

乾電池のようで

乾電池ではない。

 

勘弁という文字が入ってるが

やめてほしいこともない。

 

便器という文字が入っているが

うんちをする場所でない。

 

君は誰なんだ、かんべんき。

カンベンキ。

ぜひ日常会話で使いたいものだ。

会社の昼休みでヤギ

メェ〜

f:id:syudondon:20180315001750j:image

わ〜い

ヤギだ

 

仕事中、昼に立ち寄ったお店にヤギがいた

f:id:syudondon:20180315001750j:image

メェメェ

 

ヤギがいる店はうまいに違いねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

ヤギと戯れすぎて、ラストオーダーの時間すぎてた。

クソ。